バリアフリー化

health care

現在取り組まれている床面リフォーム

室内全ての床面をフラットに仕上げる事で、段差を解消し移動がスムーズになるため、バリアフリーリフォームは高い人気があります。小さな子供からお年寄りがいる家庭まで、幅広い年代の生活をサポートできるため、積極的に活用されています。 バリアフリーリフォームの現在の取り組みは、ペットにも優しい床であり、ただフラットな床面にするだけでなく、滑りにくい素材を採用する事で快適性をアップできます。昔は屋外飼育が一般的だったペットも、現在では室内飼育をする家庭が増えているため、床面にも配慮が必要です。そこで取り入れられたのが足腰をサポートする床面であり、滑りくい構造を取り入れる事で、ペットの体の負担も軽減できます。

バリアフリー施工を依頼する方法

バリアフリーリフォームは個人でも行えますが、大規模は改築となるとリフォーム業者やフローリング業者に依頼します。個人で行う場合はホームセンターや通販で取り扱っている、置くだけのフローリング板を設置しますが、とても簡単な反面、ズレやすいい傾向があります。室内全ての床面をリフォームしたい、防音や断熱を兼ねたリフォームをしたい等、こだわり施工がある場合は専門業者に任せると安心です。 バリアフリーは使用する床材を選ぶことから始まるため、サンプルカタログを参考に室内に最適な床面を決めていきます。艶の有無やメンテナンスの有無等を判断し、仕上げのイメージを伝える事で希望に沿ったバリアフリーリフォームが実現できます。