介護エプロンの利用

health care

介護エプロンは、今後どうなるか

近年、高齢者が増加しています。所謂団塊の世代と言われた人々が高齢者となり、介護職が必要とされている時代がやってきました。 介護に必要なものといえば、知識や技術もそうですが、エプロンも重要です。 高齢者の介護を行う際、エプロンの着用は必須です。特におむつやパッド交換の時は、自分に利用者の排泄物がついてしまう可能性があります。その他食事の介助でも、エプロンは必須です。 そのため、介護用のエプロンというのは、今後さらに需要が増えていくことでしょう。介護職というのは清潔さを保たなければなりませんので、清潔さを保つための工夫が施されたエプロンもでてくるのではないかと予測されます。 あくまで予測なのですが、今後どういったエプロンがでてくるのか非常に気になるところです。

介助の際に気を付けなければいけないこと

エプロンで介助をする際に、気を付けなければならないことがあります。 高齢者の介護ではあまりないかもしれませんが、障害者支援施設での介護では、知的障害者の利用者がエプロンの紐などが気になってしまう可能性があるためです。 また、紐で留めるタイプのものだと、扉や車椅子などの突起物に、紐が引っかかる可能性があります。そういったものは事故の原因になる可能性になります。 そのため、ボタンで留めるタイプのものの使用をオススメします。知的障害者の利用者だと、ボタンを外されるかもしれませんが、やはり安全面を考えるとボタンのものの方がいいでしょう。 エプロン一つとっても、介護では非常に気を遣わなければなりません。しかしあると便利なことは確実ですから、是非自分の施設にあったエプロンの購入を推奨します。